色々ある新生児用品の選び方|赤ちゃんとママの事を考えた製品

赤ちゃん用品の選び方

ベビー用品

快適さを優先

生まれてから生後1ヶ月までの間の赤ちゃんのことを、新生児と言います。新生児は、母親のお腹から生まれて間もない状態で、急に外に出てきたことで、様々な刺激にさらされます。そのため、赤ちゃんのお世話をする時は、より一層気を使ってあげる必要があります。新生児用品は、出産前にある程度揃えておいたほうが良いです。赤ちゃんが快適に生活できるように、新生児に配慮した新生児用品を選ぶことが大切です。例えば、お風呂に関しては、まだ大人と一緒の湯船には浸かってはいけません。1ヶ月健診が終わるまでは、専用のベビーバスを使用するようにします。出来るだけ雑菌などによる感染を防ぐのが目的です。またお風呂上がりは、水通しした素材の柔らかなタオルを使用することが大切です。

セット用品に注目

新生児用品として、他に必要なものと言えば、オムツや哺乳瓶などがあります。オムツに関しては、新生児からしばらく数ヶ月は、頻繁にオムツを替えることになります。1日に10枚以上使うこともありますので、オムツの費用がかなりかかってしまいます。そこで、新生児用品として1袋ずつオムツを購入するのではなく、箱買いをするととてもお得です。箱買いをすれば、一度の買い物でたくさんのオムツが買える上に、1袋ずつ買うよりもお得な場合があります。またミルク作りに必要な哺乳瓶や消毒液などについても、同様のことが言えます。哺乳瓶やそれを洗う専用ブラシなどを1つ1つ買うよりも、必要なものが全て入っているセット用品が売られています。セット用品を購入することで、ミルク作りから洗浄まで簡単にできるので、大変便利です。

購入前のお役立ち情報

ベビー

地域によってはチャイルドシートを購入する時補助支援制度を利用することができます。お金の補助制度の他、貸出、不用品譲渡制度を用意している地域もあります。購入する時は国内外の安全基準を満たしたシートを選びましょう。基準をクリアしたシートには型式指定マーク、安全基準適合マークが表示されるのが特徴です。

美味しいお水を

グラス

大人と違い消化機能などが十分とは言えない赤ちゃんのためにウォーターサーバーを利用されてみてはいかがでしょうか。特に毎日ミルクを作っていらっしゃる方は美味しいお水を飲ませられますし、お湯も出るので簡単にミルクが作れます。

お尻拭きの賢い選び方

赤ちゃん

赤ちゃん用のお尻拭きは、お世話の時間を短縮するためにも赤ちゃんのお尻を清潔に保つためにも欠かせないベビーグッズです。柔らかく水分を含んでいるため、お尻を傷つけずに清潔に保てるのが特徴です。うんちやおしっこが残っているとお尻かぶれの原因になるので、拭き残しがないよう気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加