色々ある新生児用品の選び方|赤ちゃんとママの事を考えた製品

購入前のお役立ち情報

ベビー

地域の補助支援制度も

チャイルドシートを購入する時、地域によっては補助支援制度を利用することができるので、チェックしてみて下さい。チャイルドシートの平均相場は2万円から3万円前後で、安いものだと1万円ぐらいで売られています。5万円以上するハイスペック仕様のものも販売されていますが、いずれにしても地域の補助支援制度があれば経済的な負担を減らすことができます。現在国内で利用できる支援制度は、3種類あります。チャイルドシートを買うお金を補助して貰える補助金システムの他、貸出サービスや不用品譲渡サービスを行っている地域もあります。細かい利用条件や応募資格が地域ごとに決められているので、事前に問い合わせ利用できるかどうかチェックして下さい。

安全性を示す基準

赤ちゃんが誕生すると何かと出費が増えるので、チャイルドシートを購入する時にお金のことも無視することはできません。けれど安くても品質に問題があるチャイルドシートなら、安心して赤ちゃんを乗せることはできません。安全性についてもきちんと考慮しましょう。国内で安全性が認められたチャイルドシートは、型式指定マークが表示されているのが特徴です。国土交通省でベルトの引っ張りテストや50kmの衝撃テストなど、様々なテストを行い、安全基準をクリアしたチャイルドシートだけが型式指定されマークをつけることができます。輸入されたチャイルドシートも人気を集めていますが、輸入品を購入する時もアメリカやヨーロッパの安全基準適合マークが貼られているものを選びましょう。アメリカやヨーロッパの安全基準は日本の安全基準を満たしているので、適合マークが貼られているものなら安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加